連盟 設立の趣旨


一般社団法人 正統正流無雙直傳英信流居合道国際連盟の設立趣旨

 

 現在、居合道は武士道ブーム等とも相俟って多くの人達が各流派に入門、研鑽に励み、居合道は武道の一つとして確固たる位置を獲得したかの感があります。

私達が研鑽に励む「無雙直傳英信流」も多くの人達が取り組んでいる今では大変大きな流派であります。

 しかし、英信流は多くの分派を派生させ、正統正流の業前は見る影も無いのが現状です。「能」「歌舞伎」「茶道」等伝統を重んじる芸能に、勿論分派は有るものの、

守らねばならない所謂「掟」は厳然と存在しており、私達が江戸時代にタイムスリップしてもそれらの芸能を、そう違和感無く鑑賞出来ることは間違いの無い処でしょう。翻って我英信流を考えた時、正統正流の「掟」を伝えられる人・団体は殆ど残って居らず、そう云った正統正流の心技を知る機会も無く、判断基準や知識の皆無な初心者にとっては極めて深刻な問題が発生しているのが事実です。

 

 私達、正統正流無雙直傳英信流居合道國際連盟は、この英信流の危機的状況を脱し、正統正流の業・技を保存・伝承出来る人材、指導が出来る人材の育成等を目的とし、非営利団体である一般社団法人を平成22年4月1日付けで立上げました。

 

 昭和の名人と云われた、正統正流無雙直傳英信流第二十代宗家 河野稔百錬先生の遺訓の一つである「宗家訓」こそ、継承についての本質を明示された唯一無二のものであり、私達はその遺訓の実現を真摯に目指すものであります。

法人の会長兼代表理事は、河野百錬先生にも薫陶を受け、二十一代福井虎雄聖山先生の高弟でもあった範士十段 江坂弘静厳が務めます。

 

國際連盟の名の通り、私達の設立趣旨に賛同され、正統正流の業を日々錬成稽古している団体は、世界各国に及びます。

 日本・台湾・インドネシア・シンガポール・アメリカ・カナダ・ドイツ・フランス・ベルギー・南アフリカの二十二団体(平成二十五年七月現在)に及んでおります。


Copyright © 2013 EishinryuIaidoKokusaiRenmei All Rights Reserved.